読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

机上の空論

趣味のにんげんかんさつに妄想あれこれ

推しが年下だった世界の見方

はてブロに綴るのはいつぶりだったでしょうか。
恐らくお兄ちゃんネタを投稿したのが最後だったかと思いますが。
今日は『年下の推し』についてちょいと書いてみたいと思います。
私はわりと様々なジャンルに手を出すつまみ食い系窓口広めなおたくでして。どれか一つが群を抜いて好きというわけでなくどれも広く浅くやっているので一つを生きがいにすることはこの先も恐らくないと思います。

さて、話がそれてしまいましたが今回お話しようと思っていたのが
『推しが自分より年下』という世界についてです。
今までどのジャンルでも好きになる人はいつも同い年、もしくは年上でした。
大人の余裕が好きだとかそういった理由でもなく好きになった人が『たまたま年上』というだけのものでした。
しかしながらここ最近母親の影響で韓国の若手ドルくんたちにどハマりしました。おふざけなし本気で応援しようと思えたグループが現れたところから私のオタク人生により拍車をかけたんです。
その10人のなかに推せると思った子が二人いて、1人は神山くんみたいに派手な容姿でダンスも上手いラップも出来る声が特徴的な子。この子は年上。
そしてもう1人一際目を引く子がいましてね、
ダンスの表現力がバケモノみたいな子。おしゃべりで人懐っこいけどMC回しも上手いキラッキラのアイドル。オーラとカリスマ性を併せ持ったような凄い人なんです。
自分の限界を常に越えようとする野心家で
この人推せるな…と思い ほかのメンバー含め彼を調べてみたんです。

そしたら、あら驚き。



1998年生まれ。


……私より年下?
まあ1月で早生まれなので学年的には1個下になるんですが。
それでも見た目から世渡り上手な大人びた立ち振る舞いからてっきり21~22くらいだと思っていたら知った当初はまだ18歳。
…こんなことがあっていいのかと焦りました。

アイドルでは推しが年下というのが初めてだったので不思議な気持ちがしています。
もちろん推しが年下なんて当たり前じゃね?と思われるかもしれませんが私は推しが年下の状況に慣れてないもので毎日ソワソワとオタ活をしています。
色んなところに気が配れてパフォーマンスはいつも120%、ダンスに長けてて自己管理もしっかりしてるしスタイルも抜群。
家族で旅行に行っても彼氏とデートしてる気分にさせてくれる写真を公式でアップしてくれたり。妹さんを大事に思っている優しいお兄ちゃんな姿を見せてくれたり。推しがアイドルすぎて震えました。

以前フォロワーさんに向けてオタクが推しに抱く感情はどれかというアンケートをとりましたところ、

『可愛がりたい』が多く、次いで『結婚したい・付き合いたい』でした。
正直ドルオタはドルオタでしかないという考えなので本気で恋愛したいと考えることはありません。
それくらい緩いスタンスのオタクです。
アイドルとオタクの線引きは曖昧にしないで自分はいちファンだというところに留めておいた方が平和にオタク出来るだろうなと。

わたしは年下といっても性格や色んなところに左右されるものだとは思いますが
年下の推しを『可愛がりたい』と思うのは普通なんでしょうか。
最近じゃ『弟にしたい』になってきましたけど。
慕情でも慈愛でも尊敬でも崇拝でも
考え方は多種多様なのでどれが正解なのか、
正解なんてないかもしれないんですけど。

この先は年下を愛でるということに慣れ、力を注げる限りは応援していこうかなと思います。
飽き性なのでいつ何の沼から脱するかは分からないけれど。

拙くてまとまりの無い文章ですが、最後までお読みいただきましてありがとうございました~!