読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

机上の空論

趣味のにんげんかんさつに妄想あれこれ

リア恋の定義を超えた推しの話

私をフォローしてくださっている方であれば
私が何億回と推しをリアコだと言い張っていることはお分かりかと存じますが、ここで改めて推しの話をさせてください。

まず第一に『リア恋』とはどういうものか。正確な定義を引っ張り出すのはつまらないので私の解釈でいきますが、私が定義するならば『恋愛においてリアリティのある想像ができる』だと思います。
普通なら『本当の恋人になりたい』というのが定義らしいですね。本気で恋人の対象にしているってことですかね。私はアイドルとファンの線引きが出来ない人が苦手なのでそう捉えるのは違う気がしました。なので私の定義するリアコは別物だと思ってください。
あくまでも私は妄想の中で推しのリアコを完結させてるのでそれが前に、自分が見ているリアルの中に出てくることはないです。


重岡くんをリアコだと言い出すようになったのはそう昔の話ではありません。
雑誌でのインタビューやラジオでの言動、テレビなんかでも彼のリアコがくっきりと表れている場面は結構あります。
そして何よりも推したいポイントは『庶民感覚があること』ですかね。
アイドルという仕事は人に見られる仕事なので見てくれには気を配って然るべき。
にも関わらず重岡くんは極端に私服の特定を嫌ってツアーTシャツを着出す始末ですし、お手頃な値段のキャラものTシャツを着たりするわけです(好き)
金銭感覚は誰しもが狂ったりすることもあるはずです。アイドルであるのならば余計に。余談ですが私の地元新潟から上京した子達はみんな東京の金銭感覚に慣れきって正常な庶民感覚を失いました。
人というのはその場の環境に慣れてしまえばそれを『普通』と思い込んでしまうんです。
重岡くんが常に軸をブレさせず庶民的な感覚を持っていることが彼を推したいと思える重要なポイントの一つです。
軽自動車に乗り、髪を染めることもせず黒髪を死守し、ピアスもあけない。
自然体で生き、何かに抗うこともせず流れに身を任せてるところも、彼らしい生き方なのかなと思います。

そして、アイドルといえばパフォーマンス。
重岡くんが私たちに見せてくれる世界はとんでもなくエモーショナルです。
歌に関して言うと、技術的な面では正直メンバー内で1番という感じではなさそうです。
重岡くんは技術で歌ってないとも思ったりするんですけどね。
歌い方にクセが特別ある感じはないですが
いや、まあ… なんにせよ声が甘すぎる。
優しく旋律をなぞるような歌い方するんですよ。なうぇすとはバラードも結構入ってたと思うんですが声がとにかく甘くて可愛すぎる(帰結点はそこ)。
騒がしくするのも重岡くんなら、優しく語りかけるのも重岡くんなんですね

重岡くんってまさに外の日を浴びて育って、もはや太陽に育てられたみたいな人なんで
ぴっかぴかの笑顔で歌って踊ることがもう目頭熱くさせポイントなんですね~~いや~~素敵~~お手上げ

重岡くんがバラエティに出てると基本的に素がうかがえる場面がありますよね。
もちろん場の空気を読んだりするし、周りをよく見れるとは思うんですけど基本の構えというか、受け答えがわりと素に近いところもまた好きですね。
あとうまく言いたいことがまとまらなくて強行突破に出たりするのもまだ成長していかなくちゃいけないって感じさせてくれるところ。
未完成な部分がなきゃ人間じゃない!
そう、いわゆるのびしろですねぇ!

話が脱線してきたのですが力技でまとめると
アイドルだけどいちばん『人間味』がある人だなと思います。
アイドルはステージの上で輝く仕事であり、ファンはそのステージを見ることしかできない存在というのは不変の事実。確かにかけ離れたところにいるけれど、誰よりもこちら側に近い感覚を持ってる。
その人間味にやられている、私の見るリアルにじわじわと侵略してきている。無意識に心を掴んでくる。それが私の中のリアコと定義する重岡くんの姿です。

まあね!結局言いたいのは 重岡くんってものすごいエモい存在なんだよってことだ!

これを機に重岡くんをリアコフィルターかけて見てみてください。なんとなく、その感覚がつかめると思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

推しが年下だった世界の見方

はてブロに綴るのはいつぶりだったでしょうか。
恐らくお兄ちゃんネタを投稿したのが最後だったかと思いますが。
今日は『年下の推し』についてちょいと書いてみたいと思います。
私はわりと様々なジャンルに手を出すつまみ食い系窓口広めなおたくでして。どれか一つが群を抜いて好きというわけでなくどれも広く浅くやっているので一つを生きがいにすることはこの先も恐らくないと思います。

さて、話がそれてしまいましたが今回お話しようと思っていたのが
『推しが自分より年下』という世界についてです。
今までどのジャンルでも好きになる人はいつも同い年、もしくは年上でした。
大人の余裕が好きだとかそういった理由でもなく好きになった人が『たまたま年上』というだけのものでした。
しかしながらここ最近母親の影響で韓国の若手ドルくんたちにどハマりしました。おふざけなし本気で応援しようと思えたグループが現れたところから私のオタク人生により拍車をかけたんです。
その10人のなかに推せると思った子が二人いて、1人は神山くんみたいに派手な容姿でダンスも上手いラップも出来る声が特徴的な子。この子は年上。
そしてもう1人一際目を引く子がいましてね、
ダンスの表現力がバケモノみたいな子。おしゃべりで人懐っこいけどMC回しも上手いキラッキラのアイドル。オーラとカリスマ性を併せ持ったような凄い人なんです。
自分の限界を常に越えようとする野心家で
この人推せるな…と思い ほかのメンバー含め彼を調べてみたんです。

そしたら、あら驚き。



1998年生まれ。


……私より年下?
まあ1月で早生まれなので学年的には1個下になるんですが。
それでも見た目から世渡り上手な大人びた立ち振る舞いからてっきり21~22くらいだと思っていたら知った当初はまだ18歳。
…こんなことがあっていいのかと焦りました。

アイドルでは推しが年下というのが初めてだったので不思議な気持ちがしています。
もちろん推しが年下なんて当たり前じゃね?と思われるかもしれませんが私は推しが年下の状況に慣れてないもので毎日ソワソワとオタ活をしています。
色んなところに気が配れてパフォーマンスはいつも120%、ダンスに長けてて自己管理もしっかりしてるしスタイルも抜群。
家族で旅行に行っても彼氏とデートしてる気分にさせてくれる写真を公式でアップしてくれたり。妹さんを大事に思っている優しいお兄ちゃんな姿を見せてくれたり。推しがアイドルすぎて震えました。

以前フォロワーさんに向けてオタクが推しに抱く感情はどれかというアンケートをとりましたところ、

『可愛がりたい』が多く、次いで『結婚したい・付き合いたい』でした。
正直ドルオタはドルオタでしかないという考えなので本気で恋愛したいと考えることはありません。
それくらい緩いスタンスのオタクです。
アイドルとオタクの線引きは曖昧にしないで自分はいちファンだというところに留めておいた方が平和にオタク出来るだろうなと。

わたしは年下といっても性格や色んなところに左右されるものだとは思いますが
年下の推しを『可愛がりたい』と思うのは普通なんでしょうか。
最近じゃ『弟にしたい』になってきましたけど。
慕情でも慈愛でも尊敬でも崇拝でも
考え方は多種多様なのでどれが正解なのか、
正解なんてないかもしれないんですけど。

この先は年下を愛でるということに慣れ、力を注げる限りは応援していこうかなと思います。
飽き性なのでいつ何の沼から脱するかは分からないけれど。

拙くてまとまりの無い文章ですが、最後までお読みいただきましてありがとうございました~!

闇山智洋 徹底解剖

一部の方には知れ渡っている
『闇山智洋』
ご覧の通り闇を孕んでいる状態の神山くんのことを指すわけですが。
この闇というテーマだとモラルの崩壊が起きるのは必至。そうだと分かりつつ語りたくなるのは何故なのでしょうか。神山くんが綺麗に闇を纏える役者であるからだとしか言いようがありません。あくまでも私の中では。

『役柄』ーーー 役柄と言えばこれら全ての闇が正当化されるような気がしますね、闇山くんという役柄について少々お話しましょう。

以前から言っていたのですがドヨルの妄想族で神山くんがストーカーを演じていたのがあまりにも私の中に大きく響いていまして。
元々アブノーマルな乙女ゲームばかりに時間を割いてきていたこともあって今思えば私の中ではドンピシャのドンピシャだったんだと思います。

私が常日頃から口にする闇山くんは
感情のコントローラーがぶっ壊れた人間です。
それなりに感情を押さえつけようとするという理性のリミッターが外れています。

好きな相手にはどう思われているんだろう
好きな相手にどうやったらよく思われるだろう
好きな相手にどうしたら振り向いてもらえるだろう

そんなのは少女漫画のなかの綺麗な描写で描かれるような可愛いものです。
イケメンの男の子に恋する女の子、また逆もしかり。まだ可愛いよそんなもん。

まず闇山くんの基本理念は
『手に入れるためなら壊してもいい』
このスタンスです。
苦しむ顔すら愛おしい。苦しめるもまた愛。
自分のものになるならどんな非人道的なことだって構わない。
言うなれば犯罪者の心理と同じです。
そんな猟奇的な部分をちらつかせて生きる人。

だから自ずと目に光はなくなります。
黒い闇が目の奥にずっと棲み続けてるんです。
虚空を見つめてばかりの。焦点があっていない感じの。そんな不安定な状態だからこそ正常とは縁遠くなる。次第に理性が欠落していく。

闇山くんは物理的支配と精神的支配 どちらで来るのかとふと考えてみたことがありました。
物理的支配で言えば 手枷とか。
彼女をリカちゃん人形みたいに扱って好みの服を着せて楽しむかな?あるいは力でねじ伏せて従順になるように調教しようとしたり?枚挙に暇がないほどシチュエーションが挙げられると思いますがここでは割愛します。
これらすべて精神的支配にも通じるものがあるような…。まあそんなこんなでナイスだ闇山。

彼は暴力と快楽とスリルを味わいたい欲張りな人。
もちろん愛はちゃんとあります。それが全うで清廉な愛で無いことはお気づきかと思いますが。
愛情表現のねじれは必ず存在します。 むしろねじれだらけ。こじれだらけ。
闇と言っているだけあってそれなりにねじれこじれまくってます。

ストーキングをするほど相手に執着してるのでもちろん相手の行動は常に把握しています。
携帯も手放さず、ひっきりなしに電話もメールもしてしまいます。もちろん居場所特定も出来てます。いや、探偵かよって。
メッセージも既読をつけてしばらく返さないだけできっととことん自分が納得するまで追い詰めることだろうなと。
そんな生活に耐えられなくなると彼女はきっと別れを切り出すはずです。
愛が恐怖に変わる日は必ず来るはずです。
そこで思い切って別れを告げてみたら
闇山くんはどうなるでしょうか。

愛する人から拒まれる
これほど闇山くんにとってショックを受ける出来事はありません。
きっとその場で取り繕って笑うようなこともしないはずです。
まず現実を受け入れられず 聞き返します。
『ん、?もっかい言うて?何?何?嘘やんな』
と ひたすら繰り返します。
彼女が何度も何度も拒むような言葉を彼にぶつけると徐々に現状に気づき、

そして、狂い始めます。

瞳孔はかっぴらいて口は無理して笑って、
手の力は強まります。
肩を掴む手は恐らく食い込んでいることでしょう。

こんなに想っているのにどうして

受け入れないの?
俺が怖いの?

そう、彼は自分を受け入れてほしい、君にとって一番似合いの、完璧な恋人として認めてほしい。
その欲求が強いんです。最早強すぎるくらい。
誰かに依存していなきゃ正気を保てないくらい
彼女の存在が脳内で一番を占めているんです。

あなたの生きがいとも言える存在がふと消えた時
どうなると思いますか?
例えば好きな人、好きなものが
自分の目の前から消えていったとしたら?

考えるだけでもおぞましい。

闇山くん自身が心から愛そうと思った人が自分を受け入れず目の前から姿を消そうとしたとき
彼はきっとこう思います

『何がなんでも離してなんておけない』
『俺以外の手に渡るくらいなら』
『俺以外の奴に抱かれるくらいなら』
『壊してでも手元に置いておかなくちゃ』

思考回路はショート寸前というより
思考回路はショート&ブレーク みたいな感じですね。

ここまで追い詰められた彼は強硬手段に出ます。
愛する人を物言わぬ人にするんです。
時間をかけて、ゆっくりと。
殺す、とはまた違う。それでは美しくない
殺して手元に置いておくのもいいけれどそれでは美しくないと考える闇山くん。
彼が殺すのは心だけ。
生きていれば彼女の体温も手に入れられる。何もかも自分の好きにできる。

だって、心が死ねば 拒まれることもないんだから

︎︎◌

少し話を変えて
闇山くんが化けの皮を被った病み男だったらというパターンも考えました。
先程はストーカーが加速して病む感じでしたが
今度はもっと厄介ないい人ヅラした闇山くんについてお話しようと思います。
いい人を演じているぶんタチ悪いです。

誰かに話した気もしますが
私のやっていた乙女ゲーム
過保護なお兄ちゃんポジションのキャラクターがいました。彼は面倒見のいい優しい人で、ヒロインのことが本当に好きだったのですが
好きが拗れて狂ってしまうんです。
ヒロインに度々訪れる危機と嫌がらせ。
アパートのベランダから植木鉢が降ってくるとか嫌がらせのメールが死ぬほど送られてくるとか家のポストにゴミ突っ込まれるとか。
それは 実はすべて ヒロインに頼られたいという彼のエゴが生んだ【計算】
すべてが仕組まれた作戦だったわけです。
ヒロインに頼られる存在でありたいという勝手な庇護欲が暴走して嫌がらせを自作自演していたんです。
ここまで聞くと本当に頭のおかしい奴。
その嫌がらせにヒロインが耐えられなくなりそうなタイミングで彼はこう持ちかけます。
『君に何かあったらいけないから、俺の家で一緒に暮らそう』
プロポーズではなく同棲という形でのお誘いです。
彼女は彼がそれを仕組んでいるとは思わず、ただ偶然に偶然が重なった嫌がらせの怖さのあまり
悪魔の囁きにそそのかされて同棲が始まるわけです。

彼も病んでいる身なのでもちろん正常な判断なんてしません。
彼女のためにね、 檻を買ったんです。
何のため?分かりますよね?
彼女を出さないように檻に閉じ込めるんです。
もちろん手枷足枷を繋いで。食事もトイレもお風呂もすべて自由にさせてあげる反面鎖はしっかり繋がれたまま。
彼が家を空けるときは決まってこう言います
『行ってくるけど、そこで大人しくまってるんだよ? また何か危険なことがあったらいけないからね』

… いや、お前がやってんだろ(怒)
と思いながらプレイしてましたけど 。

そんなことはいいとして、
ヒロインはそんな拘束された生活を続けていくうち
いよいよ感情がなくなりました。

それを見計らった彼は枷に繋がれた感情の死に絶えたヒロインを後ろからそっと抱きしめて『ずっと、一緒だよ』なんて言うもんですから?
逮捕だ逮捕。捕まってしまえ。

今言ったこのキャラクターのように闇山くんもヒロインを目には見えない声と、物理的な何かで縛り続けるのかなと考えたらなんだかときめきました。あ、医者には行かなくて大丈夫です、正常です。

こんな話をしていると歯止めのきかないエキセントリックな闇山くん(もちろん役)をもう1度地上波で観たいなと思うので
いつか映画やドラマでやってくれる日を心待ちにして今日もビスケット片手に薄い紅茶を啜ります。

後味の悪いオタクの妄想劇を最後までお読みいただきありがとうございました .

乙女ゲーム×ジャニーズWEST理論 ‐1‐

初めての投稿のテーマを何にしようか絞り出した挙句たどり着いたのが
ジャニーズWEST乙女ゲームキャラ化”でした。
ジャニーズにハマる以前、書き手はゴールデンエイジ(15~18歳)の青春のすべてをかけてバーチャルに住むイケメンくんに貢ぎ倒してきました。
女子校という箱の中に閉じ込められ、出会いが絶たれた書き手の行き着く先はそこでした。

そんな中で得た知識をフル活用しまして、
今回は「ジャニーズWEST乙女ゲームのキャラクターにするなら」という完璧に俺得(理想の押し付けの可能性大)なお話をしていこうかと思います。

マニアックな話が入るかどうかはわかりませんが
ぜひ楽しんでいただければ幸いです。
こういうった話が苦手な方は読まないことをお勧めします。
※ストーリー比重
(お話の中でどんな要素があるかを示しています。)
甘… お互いが好きな状態のラブラブなストーリー展開。(付き合った後)
哀… すれ違ったり喧嘩したりするような展開。
楽… とくに恋愛を意識しない友達感覚で楽しいと感じられるような展開(付き合う前)
闇(キャラにより発生)…好きすぎたり何かしらの理由で病んでしまう展開

  • - - - - - - - - - - - - - - - -

重岡大毅
重岡くんは 【実は繊細なお調子者キャラ】
・攻略ルートは少し複雑
・スチル回収は比較的楽
・ノーマルエンド攻略が最難関
・好感度上げしづらい
・ストーリー比重(甘25/哀25/楽50)

お調子者のムードメーカー。好きな子には一途で全くぶれない。相手のことが好きだと分かってもあいつは友達だ、違う違うと自分の心に嘘をついてごまかそうとするタイプ。大人数でどんちゃんするのが好きであまりひとりに固執しないタイプ。恋愛経験はほとんどない(みんな友達で終わる)。葛藤しつづけるなか好きじゃないと言い聞かせるのを何度も繰り返すうちに自分の心に嘘はつけないとわかって最終的にはストレートにぶつかっていく展開。
付き合ってからもほどほどに友達感覚だけどリードは基本重岡くん。男らしくていい意味で男臭い。たまに恋人らしいことをしてドキドキさせてくる可愛いしげおかくんを見れる。

【エンド予想】
ハッピーエンド→同棲エンド(幸せ感満載)
ノーマルエンド→好きをお互い再確認エンド(多分ここでキス/スチル有)
バッドエンド→気持ちすれ違いエンド(友達に戻る)

桐山照史
桐山くんは【朗らかなお兄ちゃんキャラ】
・攻略ルートは少しクセはあるものの割と単純
・スチル回収もしやすい
・バッドエンドは切ないけど見ていて嫌な感じがしない終わり方をする
・好感度は比較的あげやすい
・ストーリー比重(甘35/哀10/楽55)

頼れるお兄ちゃん(ヒロイン目線)→恋人になるまでの駆け引きが重要。みんなの頼れるお兄ちゃんからどう恋人に発展するかを楽しみたい。ストーリーは比較的楽しい場面とキュンとするイベントの繰り返し。みんなでワイワイからの2人っきりみたいな匂わせ展開の連続にヒロインは照史くんに惹かれていく。好感度によってストーリーは変わるがあまり大きな変動はない。好きになったら告白するけれど強要はせず、好きな時に返事くれたらいいよくらいのスタンスでいてくれる。付き合ったらとことん優しくしてくれて彼女を大事に守ってくれる安心感ピカイチ。結婚(+出産)エンドは涙なしには見れない。

【エンド予想】
ハッピーエンド→結婚して子供をもうける
ノーマルエンド→プロポーズにおわせデート
バッドエンド→照史くんが夢のために別れを切り出す(悲しいけどスッキリした終わり方)

中間淳太
中間くんは【一筋縄じゃいかないドS王子キャラ】
・攻略はちょっと難しめ。
・スチル回収しづらいが根気があればフルで回収可
・選択肢がトリッキーでバッドorノーマルエンド行き多め
・好感度があがりにくいためなかなか付き合うまでに至らない
・ストーリー比重(甘25/哀35/楽30/闇10)

まずは関係性が恋愛とは程遠いところからのスタート。例えば会社の先輩後輩とかちょっと大きい年の差が理想。立場も経済力も上で遠い存在だけれどヒロインは中間くんの弱みだとか可愛い1面を見つけてそこにどんどん惹かれていく。しかしながら中間くんなりに年の差だったり家柄(家はお金持ちのお坊ちゃん)のことだったり複雑な事情を抱えているが決してヒロインの前で弱音を吐かない。富豪の娘とのお見合いイベントといった障害が何度も立ちはだかる。それを乗り越えて晴れてカップルになったときの感動を味わって欲しい。

【エンド予想】
ハッピーエンド→親の承諾を得て晴れて挙式
ノーマルエンド→高そうなレストランか夜景の綺麗なところでプロポーズ
バッドエンド→富豪の娘と中間くんが結婚。夫婦となったにも関わらずヒロインと逢瀬を重ねてそれがバレる。(→修羅場からの人間関係めちゃくちゃ)

  • - - - - - - - - - - - - - - - -

第1弾はこんな感じです。
いかがでしたでしょうか。
重岡くん・桐山くん・中間くんの3人をイメージして書いてみました。
第2弾で残りの4人を紹介したいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました!